気象病の兆候はなし

2019.10.11

 台風19号接近に伴ってテレビでは大騒ぎ。私も昨日は風対策で窓の補強をしようと、窓ガラスに貼る補強テープのようなものを探しにカインズホームに行ったのですが、すでに売り切れなのかまったく見当たらず。

 さらにその近くに置いてあったブルーシートの棚も、あちこちが空っぽになっていて、今回は皆さん相当警戒している様子。しょうがないので、当座のためと思い乾電池を購入。

 帰宅して、東側の出窓の下に置いてあった私のベッドをちょっと移動。万が一窓が破損しても破片が顔に降り注がないようにという工夫です。

 一方息子が幼児だった頃スーパーで買った夏みかんの種を狭い庭の一角に植えたら、それがどんどん成長し、今は高さが3m余りの立派なミカンの樹に育っています。

 今年もすでに30個ぐらい実がついていて、冬場の楽しみになっているのですが、風が強いと枝が折れそう。というわけで、実がついていない枝の剪定作業を昨日午後から今日の午前にかけて実施。

 さらに庭に停めてある自転車にもブルーシートをかけて、4隅に重しを乗せましたが、もし風速50mぐらいの風が吹いたら、果たして持ちこたえるかどうは不明です。

 気象庁の今現在の予想進路を見ると、当初の予定よりわずかに東にずれたようで、埼玉県は直撃を免れそう。しかし進路図の先には、先般大きな被害があった千葉の館山地方があり、居住している人にさらなる被害が出そう。

 というわけで、明日の夜に日本上陸となりそうな台風19号ですが、今回は今のところ息苦しい等の、気象病に相当する症状は感じていません

 ちなみにインストールしたアプリで、現在のこの地区の気圧を見ると1013hpaとなっていて、ほぼ1気圧。昨日は1020hpaでしたから、少し下降。

 一方台風の中心気圧は925hpaと書かれていますから、明日は急激に下がりそう。果たして体調がどうなるか?一方今の気温は21℃。昨日よりちょっと低いぐらい。

 また湿度は、雨が降り始めたせいか95%。昨日は60%ぐらいでしたから、かなり増えています。しかし息苦しさ等の症状はないので、やはり湿度は関係ないのかも

 さてどうなるか?この後今日の夜から様々な気象条件が一気に変化しそうです。 





次のページへ


災害・異常気象関連


表紙に戻る